横断歩道

道路標識等により歩行者の横断の用に供するための場所であることが示されている道路の部分をいう。横断歩道上での事故の場合は、歩行者が保護されていることから、過失割合が歩行者に有利の働く。よって、事故が横断歩道上の事故であったか否かが争いになることがある。