休業損害

休業損害とは

事故によって,減収が生じた場合に休業損害を請求できます(休業中も職場から給与が支払われた場合は、支払いを受けた分については請求できません)。

一般的な休業損害の請求の仕方

サラリーマンの場合は,休業損害証明書を職場で書いてもらい,源泉徴収票をつけて請求するのが通常です。

通院した日については,休業損害を請求することにほとんど問題はありません。

通院はしないがケガのために仕事を休まざるを得なかったという場合に、休業損害を請求できるかはケースバイケースです。

主婦の場合に休業損害を請求できるか

主婦の場合も,休業損害を請求できます。この場合は,休業損害証明書は不要です。賃金センサスを前提に,基礎収入を計算するのが通常です。パート等を行っている主婦は,賃金センサスと収入額を比べて,高い方を基礎収入とするのが通常です。

自営業者等の場合

自営業の場合は,確定申告書の控え等から過去の収入を算出しそれを前提に算定します。

良く問題となるのは,取締役等の役員報酬です。一般的には,取締役等の役員は,休業しても報酬額は変更がないとするのが通常です。もっとも,これは大会社の場合で,一人でやっている会社ですと社長が休むと,収入が減るのは明らかです。

したがって,このような場合は休業損害を請求できるのが原則ですが,保険会社は,役員は休業損害を支払わなくていいという原則から出発しますので,この場合でもなかなか支払おうとしない場合があります。

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談料無料(時間制限なし)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

常総守谷事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所