第2回コラム 交通事故-解決までの時間

今回は、交通事故の解決に至るまでに要する時間について
良くある質問にお答えします。
 

交通事故の解決までどれくらい時間がかかりますか

 
死亡事故の場合は、1~2年程度
傷害事故の場合は、症状固定後(治療終了後)3か月~1年程度
 
かかるのが通常であると思われます。
解決までの時間を大きく左右する要素としては、治療期間や相手方の対応、争点の性質があります。
後遺障害逸失利益等は、争点となることが多く、比較的長期化する傾向があります。
 

解決の方法にはどのようなものがありますか。

 
大きく分けて
 
① 交渉で示談する方法 と②裁判で解決する方法
 
があります。
 
① の方法のメリットは、②に比べて早期解決が見込めることです。
② の方法は、①に比べて時間をかけて裁判所でじっくり審理してもらう方法です。
 

お金はいつもらえますか。

 
最終的に賠償金が手元に入るのは、示談や和解の成立または判決が言い渡された後です。
ただし、次の質問の回答にあるように、それまでに「内払い」や保険等を駆使して、交通事故によって発生した損害を一部填補することが可能です。
 

お金が足りなくなってしまうのですが、いい方法はありませんか。

 
相手方に保険会社がついている場合、多くのケースでは、治療費は直接医療機関へ支払ってもらえます。
休業損害も「内払い」として、支払ってもらえるケースがあります。
そのほか、ご自分が加入されている人身傷害保険や、労災保険を使って、損害の一部填補を受けることができます。
 
以上
 
詳細は、DUONの無料相談をご利用ください。

 

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談料無料(時間制限なし)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

常総守谷事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所