第3回コラム 自賠責保険と任意保険について

今回は、保険の種類についてとりあげます。
 

自賠責と任意保険

 
保険には、大きく分けて、強制加入の自賠責保険と任意加入の任意保険があります。
自賠責保険は、必ず加入しなければならない保険ですが、加害者が自賠責に加入していない場合も稀にあります。
任意保険は、加入の義務があるものではありませんが、ほとんどの人が加入しています。なぜなら、自賠責の支払限度額は低く、後遺障害が残る事故や死亡事故の場合には、すぐにその支払限度額を超過してしまうからです。
 

自賠責のメリット•デメリット

 
自賠責の支払限度額は、傷害事故で120万円、後遺障害の場合で4000万円、死亡事故の場合で3000万円ですが、重い後遺障害が残る事故や死亡事故を起こしてしまった場合、損害額が1億円近くになることもあります。自賠責だけでは到底カバーできません。また、自賠責は人損のみで、物損は保障されません。さらに、交通事故の損害賠償請求権の消滅時効は、通常の場合3年ですが、自賠責への請求は、原則として、事故から2年以内にしなければなりません。
 
もっとも、自賠責保険にも良いところがあります。それは、被害者に過失があるケースです。自賠責保険は、被害者救済という観点から、被害者に過失がある場合でも、重大な過失でなければ、過失減額をしないのです。
したがって、交通事故を起こして自分に人損がでているが、自分のほうが相手より過失が大きいと考えられる場合は、まず相手の自賠責から補償を受けることを考えることになります。
 
 

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談料無料(時間制限なし)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

常総守谷事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所