休業損害

事故によって、休業を余儀なくされた場合に請求が認められる損害のことをいう。実際に収入の減少があったことを立証できれば、給与所得者、個人事業主を問わず請求が可能である。主婦(主夫)の場合は、実際に収入の減少がない場合でも、家事従事者の休業損害として請求を行なうことができる。