当初は自損自弁を主張していた相手方から、修理費用を全額回収した事例

B様は、自宅敷地内から車をバックさせたところ、相手方車両と衝突しました。
相手方は、相手方が停車しているところに、B様車両が衝突してきたと主張して、当方にも過失がある旨主張し、当事務所へのご依頼前は交渉は一向に進まず、当事務所へのご依頼となりました。

ご依頼後、従前の相手方主張に鑑みて、相手方へ訴訟提起の旨と、交渉に応じるつもりはないのかと確認してみたところ、相手方より当方主張の修理費用を全額負担するので、示談にして欲しいとの連絡があり、交渉成立致しました。