双方青信号主張の交通事故において,尋問の結果当方に有利な過失割合で和解が成立した事例

概要

双方青信号主張の交通事故において,尋問の結果当方に有利な過失割合で和解が成立した事例

当事務所を知ったきっかけ

ホームページ

担当

弁護士塩見崇一郎

事案

Aさんは、交差点において,正面信号が赤信号だったため最前列で停止しました。その後,前方信号が青となったことから直進しました。
右側から信号無視をした加害車両が進行してきたため,Aさんの車両と衝突しました。
加害者は,青信号で交差点に進入したとして譲らず,ドライブレコーダー等の客観的な証拠もなかったため,当事者尋問を行うこととなりました。
当方は,事故状況について,詳細に尋問を準備し尋問に臨みました。
その結果,当方に有利な過失割合が裁判所から提示され,相手方も加害者側もそれに応じたため,Aさんに有利な和解が成立しました。