損害の公平な填補

交通事故における損害賠償請求は、交通事故がなかった状態に復する制度であることから、被害者に利益が発生してはらなず、被害者間でも不公平な損害の填補は許されない。例えば、ある被害者の方が軽微な損害しか生じていないにもかかわらず、重篤な結果が生じている被害者よりも多くの損害賠償を得られることはあってはならない。