神経症状

後遺障害における神経系統における障害のことをいう。実務上は、いわゆるむち打ち等捻挫における傷害が原因で起こるケースが多い。神経系統の後遺障害は、後遺障害別等級表上、第12級13号「局部に頑固な神経系統を残すもの」第14級9号「局部に神経症状を残すもの」と定められている。 第12級13号と第14級9号の違いは、自賠責実務上「障害の存在が医学的に証明できるもの」が第12級13号であり、「障害の存在が医学的に説明可能なもの」が第14級9号とされている。