神経学検査

神経症状を裏付けるための検査。ジャクソンテスト、スパーリングテスト、イートンテスト等が存在する。後遺障害診断書等に結果が記載されるのが通常である。もっとも、医師によっては神経学検査を行なわない医師もいる。