経済的全損

修理費用が車両の時価額を上回る状態をいう。この場合は、車両の時価額相当までしか請求することができない。たとえば、時価額が30万円の車両を修理費用100万円をかけて直すというのは経済的合理性がないし、損害の填補という意味でも30万円の時価額を賠償すれば被害者の損害は填補されたことになる。よって、このような状態の場合は、時価額相当までしか損害賠償請求できない。

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談料無料(時間制限なし)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

常総守谷事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所