一家の支柱

死亡事故の慰謝料を算定する際に用いられる概念。赤い本上、死亡慰謝料は、「一家の支柱」「母親、配偶者」「その他」の区分によって、死亡慰謝料の目安金額が異なる。「一家の支柱」とは文字通り家庭の大黒柱であり、典型的には、未成年子2人を含む4人家族における父親の地位を指す。区分中では、最も死亡慰謝料の金額が高いとされている。