被害者

一般的に交通事故において、過失割合が小さい一方の当事者のことをいう。過失割合の主張に双方食い違いがある場合は、主張によって、「被害者」が異なることになる。そのような意味では相対的な概念である。また、被害物を何と考えるかによっても「被害者」は異なる。