擬制陳述

被告側が、第1回目の裁判期日に欠席した場合でも、事前に提出しておいた答弁書に記載された内容が陳述した扱いとしてもらえる制度のこと。民事訴訟法上に規定がある。第1回目の裁判期日は、原告側と裁判所との間で調整を経るが、被告側のスケジュール調整は行なわないのが通常であり、被告側が第1回目の裁判期日に欠席することが珍しくない。この場合も、事前に答弁書を提出しておけば、被告側は、欠席判決等の不利益を避けることができる。

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談料無料(時間制限なし)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

お電話でのお問い合わせ新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

常総守谷事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所