弁護士費用担保特約

 裁判上請求することが認められている弁護士費用名目の請求のことをいう。不法行為に基づく損害賠償請求においては、裁判実務上、認容額の約1割を弁護士費用として請求することが認められている。実際に弁護士に支払った弁護士費用が、認容額の約1割であったか否かとは関係がない。