赤い本(赤本)

 「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部編)の俗称。表紙が赤いことから、上記のように呼ばれる。交通事故の実務の基準が多く掲載され、実際の交通事故の損害賠償請求において重要な役割を果たしている。