自覚症状

患者が感じている症状のこと。後遺障害診断書において、自覚症状を記載する欄があるが、事故当初から症状固定日までの間の自覚症状の症状が一貫しているかという点は、後遺障害等級認定において重要な点である。