治療費

被害者は、相当な治療に要した治療費を加害者に請求できる。実務上、過剰診療や症状固定日について、相当な治療か否かが争われることがある。また、整骨院等の施術についても、その相当性が問題になることがある。