使用者責任

事業のために他人(被用者)を使用していた場合に、その他人が加えた損害について、被用者とともに使用者も賠償責任を負うことを内容とする賠償責任である。民法715条に基づく。交通事故の場合、使用者責任によって、会社の業務中に発生した事故は使用者も責任を負う。これによって、会社の加入する保険も使えるようになることから、被害側の保護に繋がっている。