示談交渉にて、1億円を超える賠償金を獲得した事例

亡くなった方は、年齢に比して高額な収入を得られている方でした。そのようなことから、加害者側との間で、亡くなった方が将来的にも同額の賃金を労働の対価として受けとれるかが一つの争点となりました。

相手方弁護士は、親しい親族が亡くなった方の年収を「温情的に」高額に設定していたことを理由に、一般的な水準での賠償額の提案をしてきましたが、最終的には、一般的な水準よりも将来的に高額な収入を得られたことを前提にした賠償金において示談し解決し、亡くなられた方が高収入を得ていたこともあって、最終的に1億円を超える賠償額を得られました。

まずは無料相談をご利用ください。

新規相談予約センター:0120-074-019(平日・土日祝日8時~24時)

※新規相談予約センターですので既にご依頼頂いている事件に関しては、各担当宛てにご連絡下さい(営業時間:月~金 10時~17時)

メールでの相談予約

24時間受付

相談のご予約

初回無料。詳細はお問合わせ下さい。

主なお客様対応エリア
該当エリア以外でも対応が可能な場合がございますので、お電話でお問い合わせください。
ページトップへ

新規相談予約センター:0120-074-019

毎日24時まで電話で相談予約できます(初回相談無料)