訴訟にて、加害者側の信号機の色の主張を覆した事例

被害者様は、横断歩行を歩行中に加害者の車両と接触して亡くなられました。刑事手続の段階においては、加害者側の主張が全面的に採用され、加害者の信号無視は認定されませんでした。

このような結果に不満を持ったご遺族が弊所にご相談をされて、亡くなられた方の方が青信号あったことを立証するために、民事訴訟を提起しました。

事故現場に何度も足を運ぶ等粘り強く訴訟活動を展開いたし、相手方の主張と信号機のサイクルに矛盾があることがわかりました。

このような矛盾点等を裁判に証拠として提出する等の訴訟活動を通じて、民事訴訟においては、当方が青信号であることを前提にした勝訴判決となりました。

まずは無料相談をご利用ください。

新規相談予約センター:0120-074-019(平日・土日祝日8時~24時)

※新規相談予約センターですので既にご依頼頂いている事件に関しては、各担当宛てにご連絡下さい(営業時間:月~金 10時~17時)

メールでの相談予約

24時間受付

相談のご予約

初回無料。詳細はお問合わせ下さい。

主なお客様対応エリア
該当エリア以外でも対応が可能な場合がございますので、お電話でお問い合わせください。
ページトップへ

新規相談予約センター:0120-074-019

毎日24時まで電話で相談予約できます(初回相談無料)